インプラントのリスクって?

インプラントを受ける前に、知っておくべきリスク

ここでは、インプラントの施術を受けるにあたり、患者として知っておくべきリスクを取り上げて紹介するぞよ。それこそインプラントに限らず、あらゆることにリスクというものは存在するんじゃ。と、同時に、予めその内容を知っておけば、回避や対策に役立てることができるのじゃよ。しっかり、理解しておくように。

インプラントの施術におけるリスク

まずは、インプラントの治療を受ける際に、起こり得るリスクについて見ていきましょう。そもそも、日本においては、インプラントの施術が失敗した事例は少ない反面、全くないわけではありまん。例えば東京であったケースでは歯茎の切開において誤って大きな血管を切ってしまい、大量出血を招いたということもあった位です。

またインプラント特有のリスクとして、埋め込み先の骨に穴を開ける際、ドリルの回転が早すぎて、骨を壊してしまったり、神経や他の歯を傷つけてしまうといったことが考えられます。もっとも、これらは執刀する医師の経験や技量による要因なので、そのドクターの実績や経歴をしっかり鑑みれば、患者としても回避できるということになります。

一方、患者側としてしっかり把握しておかなければならないのが、インプラント埋め込み後、骨との固着が完全になる前に、硬い食べ物を噛むなどして、インプラントがダメになってしまうケースです。この点に関しては、高く意識をもっておく必要があります。

施術後の感染症にも、十分な注意が必要

本サイトで繰り返し述べています通り、インプラントは施術が完了したら終わりではなく、その後も正しいケアとメンテナンスが必要です。その最もたるものが、歯周病などの感染症です。インプラントは人工物ですので虫歯になることはありませんが、歯垢を原因とする歯肉炎などの歯周病にかかってしまう可能性は十分にあるのです。そのためにも、虫歯予防と同じく、歯磨きなど日々のケアは欠かせません。ただし、力を入れて磨くと、却ってインプラントを痛める怖れもあります。施術を受けたクリニックで、正しいブラッシングの指導を、必ず受けてください。

最も症状が悪化してしまうのが「インプラント周囲炎」

インプラントの正しいケアを怠ってしまい、歯周病や炎症などが発生してしまった…そうした場合、インプラントは人工物で神経が通っていないため、初期段階では、自覚症状がなく、気がつかないで放置を続けてしまうということが起こりがちです。そして症状がさらに進行してしまうと、インプラントを支える骨が溶ける「インプラント周囲炎」を発症してしまうのです。だからこそ、何度も繰り返している通り、インプラントは術後のケアとメンテナンスが、必要不可欠なのです。