インプラント治療における失敗とは?

ここではインプラントの施術における失敗例について紹介していくぞよ。インプラントは先端的な歯科治療であり、歯を失った患者さんに対しては多大な恩恵をもたらしす反面、技術の低い歯科医にかかって施術に失敗し、不快な症状をもたらすこともあるのじゃ。

しかも失敗のパターンはひとつではない。事前に多くの失敗事例を押さえて、しっかり対策が練られているインプラントクリニックを選ぶことが大切と言えるな。

この記事ではインプラントにおける代表的な3種類の失敗と、失敗した場合に起こる症状について解説しているぞよ。インプラント治療を受けたいと思っている人はもちろん、施術後に違和感を覚えているという人にもチェックしてもらいたい。

インプラントにおける3タイプの失敗

インプラント治療の主な失敗には3つのタイプがあります。「インプラントがきちんと埋設されていない」「骨へのダメージが大きすぎて骨結合ができていない」「施術後にインプラント歯周病になる」です。それぞれにどんな特徴があり、また何が原因で起こってしまうのかをくわしく見ていきましょう。

インプラントがきちんと埋設されていない

インプラント治療における失敗例の一つは、インプラントが適切な仕方で埋設されていないために、骨結合ができずインプラント体が固定されないというケースです。建設工事に例えるなら、基礎工事が不十分で土台が安定していない状態。それと同じことがインプラント治療でも起きます。

適切な仕方で埋設がなされず、インプラントと骨が固定化されていないと、表面上はキレイな仕上がりに見えても、時間が経つうちにインプラント体がぐらついて不安定に。やがて脱落したり抜け落ちたりしてしまいます。

原因と対策

このような失敗が起きる原因は、インプラントを埋設する際の位置や角度、深度などが悪く、インプラントと骨の結合を促進できていないことにあります。「インプラント治療の結果は骨結合に左右される」といっても過言ではありません。治療を成功させるためには、適切な仕方でインプラントを適切に埋設できる技術を持った医師を選ぶ必要があるのです。

骨にダメージを与えすぎて骨結合しにくくなる

施術に使用するドリルが原因で骨結合しにくくなるという失敗例があります。インプラント治療では埋設環境を整備するためドリルを使用しますが、そのドリルの熱が骨に過度なダメージを与えると、骨が弱くなって骨結合ができなってしまうのです。

原因と対策

失敗の原因として考えられるのは、ドリルの回転数と速度の設定ミスによるオーバーヒート(やけど)、精密検査や術前シミュレーションの不足など。ドリルによる失敗を防ぐためには、回転数や速度をマニュアルで制御できるドリルを使用し、骨に与える負担を少なくする必要があります。また、事前に埋設環境を的確に把握できる精度の高い医療機器も必須。インプラント用の医療機器が充実した歯科医院を選ぶのが失敗を避けるポイントだと言えます。

インプラント治療後に歯周炎になった

インプラントの埋設と骨結合は上手くいったものの、施術後にインプラント歯周炎になってしまうケースがあります。インプラントは天然歯よりも歯周炎の症状が進行しやすいため、そのまま放置すると脱落を招くことも。

原因と対策

施術後に歯周炎が起きる主な原因はインプラントに対するメンテナンス不足。適切なメンテンナンスがなされていないとインプラントが細菌に感染してしまい、歯周炎を発症するのです。失敗しないためには施術後のメンテナンスや感染症への対応を手厚く行える、経験豊富な医師のいる歯科医院を選ぶべきと言えるでしょう。

インプラントが失敗した場合の症状

インプラントが失敗した場合に起きる症状としては、インプラント体の脱落やぐらつき、細菌感染による歯周炎、歯茎の腫れ、出血、痛み、しびれなどがあります。このうち、歯茎の痛み、腫れ、しびれは施術に問題がなくても発生しますが、症状が長引くことはほとんどありません。また、歯科医院で処方される鎮静剤を服用すれば通常はすぐに収まります。

症状が長く続く場合はインプラント施術に失敗している可能性があるので、すぐに信頼できる歯科医院で診察を受けるようにしてください。はじめのうちは症状が軽いと思えても、そのまま放置しておくと進行してしまうケースもあります。別の疾患が隠れているリスクもあるので早期の対処が肝心です。