小牧市のインプラント歯科医院まるわかりガイド » インプラントの基礎知識【Q&A】

インプラントの基礎知識【Q&A】

インプラント、患者として知っておきたい各種の基礎知識

ここでは、インプラントの施術を受けるにあたり、患者として知っておきたい各種の基礎知識を取りまとめて紹介するぞ。費用相場やリスク、治療の流れなど、役立つ内容になっておるはずじゃ。ぜひとも知っておくべしじゃ。

インプラントの費用相場は?

1本あたり10万円台から60万円以上という場合まであり、30万円前後がひとつの目安。ただし、重要なのは、目安に対して、なぜ安いのか、なぜ高いのか、明確で納得できる理由があるかどうかです。また、小牧市のクリニックの費用例も調べてみました。

インプラントのリスクって?

施術中のリスクとしては顎の骨や神経、健康な歯を傷つけてしまう可能性などがあり、施術後は歯周病などに罹患する可能性などがあります。ただし、これらは、しっかり知識を身につけることで、回避できるものでもあります。

インプラントにかかる期間はどれぐらい?

インプラントを骨に埋め込んでから固定されるまで、下顎で2~3ヶ月程度、上顎で4~6ヶ月程度が目安となります。また、インプラント製品によって期間を早めることができる場合も。逆に骨再生が必要な場合はより長期となります。

インプラントに寿命はあるの?

インプラントを施術してから20年経過した人のうち、8割近くが問題なしとしている一方で、インプラントの一部除去、あるいは全部除去をしたというケースも。寿命を伸ばすか縮めるかは、適切なケアとメンテナンスにかかっています。

インプラント治療の流れを知りたい!

カウンセリング・診査からはじまり、治療プランを決定。1回目の手術。定着するまで待機。2回目の手術。かぶせ物を装着して最終調整というのが大まかな流れになります。また1回法の場合、2回目の手術は省略されます。

インプラントの種類について教えて!

スイスで開発を行っているストローマンや、スウェーデンのアストラテックならびにブローネマルクといったところが主要なメーカーになります。加えて、歯の主な構成物質である「ハイドロキシアパタイト」を構成材として用いた、日本製のHAインプラントにも注目が集まっています。

インプラントってメンテナンスが必要なの?

インプラントは施術を受けたら終わりではなく、その後も適切なケアと定期的なメンテナンスが不可欠です。これらを怠ってしまうと、歯周病などが発生してしまうリスクが高まり、ひいてはインプラントの寿命を縮めてしまうのです。

インプラント以外の治療ってないの?

歯の再生治療としては、差し歯、ブリッジ、入れ歯などが挙げられますが、これらには健康な自分の歯を削ったり、負担をかけてしまうデメリットがあります。インプラントはそうしたデメリットはありませんが、費用はどうしても高額になります。

歯がない場合でも対応できる「オールオン4」とは?

一般的なインプラント治療をバージョンアップさせた歯科治療とも言えるのが「オールオン4」です。自身の歯が少ない方に向いている治療法で、健康な歯がほとんど残っていない場合にも施術可能。従来のインプラントと比べると費用が抑えられ、治療回数が少ないので体への負担が軽減できるといったメリットもあります。

インプラント治療における失敗とは?

先端的な歯科治療であるインプラントですが、技術の低い医師に施術やアフターフォローを任せると失敗が起きることも。起こりやすい失敗は、「インプラント体が固定化されない」「骨結合がでない」「施術後のインプラント歯周病」などです。またインプラント治療に失敗した場合、歯茎の腫れや出血、痛み、しびれなどが起こることもあります。事前に正しい知識を備え、安心して任せられる歯科医院を選びましょう。

インプラントの歴史について教えて!

「最新の歯科治療」というイメージの強いインプラントですが、その起源はは意外に古く、紀元2~3世紀の古代ローマ時代にまで遡ります。その時代の人骨の上顎骨から、鉄製のインプラントが発見されたのです。長い歴史の中でインプラントはさまざまな研究と開発、失敗と成功、試行錯誤を繰り広げながら今日に至り、今や世界的に普及するスタンダードな歯科治療となりました。インプラントの歴史を深く知れば、長い治療の間もモチベーションを維持できるかもしれません。