インプラントにかかる期間はどれぐらい?

インプラント、施術の完了までに必要な期間は?

ここでは、インプラントの施術が完了するまでに必要な期間について、解説するぞ。これからインプラントを行おうと考えている人は、どの位時間が必要なのか、気になっている場合も多いじゃろう。率直に言うとケースバイケースなんじゃが、一般的な目安を知っておくとよいじゃろう。

インプラントの平均的な治療期間は…

インプラントの施術には一般的な2回法、そして近年では実施例も増えている1回法があります。2回法ではインプラントを骨に埋め込んでから、固定されるまで、下顎で2~3ヶ月程度、上顎で4~6ヶ月程度かかるとされています。一方、1回法は、その定着時間を短縮できるという声と、定着期間は変わらないとする声があり、意見が分かれているのが現状。ただし、1回法の場合、麻酔下での切開手術は1度のみで済むので、その分の時間は確実に短縮できます。

抜歯即時埋入法というやり方もあり、ただし…

再生困難となった本来の歯を抜き、そのまま同時にインプラントを埋めこむというやり方です。歯を抜いて一定期間を開けるやり方よりも合理的かつGBRなどで骨を補強する必要もありません。治療期間も2~3ヶ月程度(GBRは後述の通り、6ヶ月からそれ以上)とされています。ただし、問題になるのは、この抜歯即時埋入法は、施術する医師に高い技量が求められるという点です。ご注意ください。

インプラントの種類による期間の違い

個人の体質や骨の状態などの要素以外にも、用いるインプラントの種類によって、治療期間は変わってくることもあります。例えば海外でも使用実績の多い、ストローマンやアストラテックといったチタン製インプラントの場合、概ね常3〜4ヶ月程度となっています。一方、国内産でハイドロキシアパタイトという歯の構成成分を用いたHAインプラントの場合、より早期に固定が実現できるとして、注目を集めています。

最も時間がかかるのは、骨再生が必要な場合

インプラントの施術を行う場合、埋め込み先の顎の骨の量が薄い、少ないといった場合や強度が足りたいといった場合、そのままではインプラントを埋め込むことができないので、まず、埋め込み先の骨を再生することから始めなければなりません。

その方法のひとつがGBR法。簡単に言えば、骨が不足している部位に骨の再生を促す特殊な人工膜を用いて、骨が再生されるのを待ち、その上でインプラントを埋め込むというやり方です。GBRによって骨が再生されるのは概ね4~6ヶ月程度とされており、そこに、インプラント本来の治療期間が加算されるということになります。

もうひとつはサイナスリフトという方法。上顎の歯槽骨の厚みが足りない場合方に、骨補填材(人工骨)や自分の骨を移植する方法です。こちらも骨が再生されるまでに概ね4~6ヶ月程度が必要。その上で、インプラント本来の治療期間をプラスしたものがトータルで必要な期間になります。